東和精機のメイン商品「歪取機」とは?

愛知県安城市に本社を構える東和精機ですが、何を取扱っている会社かご存知ですか?

東和精機は鍛圧機械の製造・販売を行なっている会社で、中でも「歪取機」はメイン商品となっているようです。

そこで、今回は「歪取機」とはどんな機械なのかご紹介しましょう。

◆歪取りとは?

まずは、東和精機のメイン商品である歪取機の「歪取」という言葉が耳慣れない方もいらっしゃるかもしれませんので、歪取について説明しておきましょう。

物を作るときに、熱を使って処理をすることがあります。熱を加えることで加工しやすくなりますが、その反面熱を加えたことによって歪などの変形が起こってしまうことがあります。

歪取とは、熱加工によって生じてしまった物の歪を矯正することになります。

歪取の方法としては、冷間でプレスして矯正する「プレス矯正」や単ロールや多段ロールを使って行なう「ロール矯正」などがあります。

「冷間」という言葉をあまり聞いたことがない方もいるかもしれませんので、簡単に説明しておきましょう。

冷間というのは、金属材料の再結晶が起こってしまうよりも低い温度のことになります。この温度のことを「再結晶温度」と言います。

◆東和精機で販売している歪取機

それでは、東和精機のメイン商品である歪取機にはどんなものがあるか見てみることにしましょう。

大きく分けると全自動タイプと手動タイプがあります。

まずは、手動タイプの歪取機の特徴について確認しておきましょう。

手動タイプの歪取機はさまざまな品種があったり、ロット数が少なかったりする場合に向いているそうです。

東和精機の手動タイプの歪取機には、同社独自の油圧バルブである「ならい弁」が搭載されているため、利用者の手動操作に合わせたプレス操作を行なうことが出来るそうです。

因みに、「ならい弁」というのは「手動サーボバルブ」と同じような働きをするものだそうです。

全自動タイプの歪取機には「Hシリーズ」、「Fシリーズ」、「Pシリーズ」があります。

Hシリーズは加圧能力の最大値が1,600kNという実績のある機械で、DOSをシステムベースとしているタイプとWindowsを基礎としているタイプがあります。

Fシリーズは FANUC社のCNC装置を搭載したもので使用OSはWindowsになります。

PシリーズはWindows7をOSとした同社のフラッグシップモデルになります。

Hシリーズ油圧システムコントロールタイプですが、FシリーズとPシリーズはサーボモータによって制御されています。

◆まとめ

東和精機の主力商品である歪取機についてご紹介して来ましたが、歪取機は金属加工には欠かすことの出来ない大切な機械であることがお分かり頂けたのではないかと思います。

東和精機の取扱い製品紹介~手動歪取機~

安城市にある東和精機では全自動歪取機をメイン商品として製造販売を行なっていますが、「手動歪取機」の取扱いも行なっています。
今回は「手動歪取機」について詳しく見てみましょう。

◆歪取機の種類

まずは、東和精機でも製造販売を行なっている歪取機には一般的にどのような種類があるのかチェックしておくことにしましょう。

呼び名は歪取機のメーカーによって異なりますが、大きく分けると全自動タイプと手動(あるいは半自動)タイプの2種類になります。

全自動タイプの歪取機の場合は、油圧を利用してコントロールしているタイプとサーボモーターを使ってコントロールしているタイプのものに分けることが出来るそうです。

手動タイプあるいは半自動タイプの場合も同様に油圧でコントローするタイプとサーボモーターを使っているタイプとがあるようです。

東和精機とは

◆東和精機の手動歪取機の特徴

それでは、東和精機で製造販売している手動歪取機にはどのような特徴があるのか見てみましょう。

東和精機で取扱っている手動歪取機として「630KN手動歪取機」と「100KN手動歪取機」の2種類がHPで紹介されています。

いずれのタイプにも東和精機独自の油圧バルブが使われています。同社ではこの油圧バルブのことを「ならい弁」と呼んでいるようです。同社の説明によると手動サーボバルブのような役割を果たしているのだそうです。

油圧ポンプから送り出されて来た油の方向、圧力、流量のコントロールが油圧バルブによって行なわれる仕組みになっています。

油圧バルブは機器の作動をコントロールする重要な役割を果たしている部分と言えるでしょう。

また、東和精機の手動歪取機にはどちらのタイプのものでもAE検出装置をプラスすることが可能だそうです。

歪取の際に起こってしまう可能性のあるクラックのチェックは欠かすことが出来ませんし、目視ではチェック漏れが起こってしまう可能性もゼロではありませんので、AE検出装置がプラス出来れば効率アップにもつながりそうです。

◆東和精機の手動歪取機の活用とまとめ

自動歪取機ではなく手動歪取機が活躍するのはどのような場面でしょうか?

自動タイプのものは同じ規格のものの大量生産を行なうのにピッタリの機械になります。けれども、違った種類のものを少量作らなければいけないケースもあるでしょう。

そうした時には、東和精機の手動歪取機は活躍することになるでしょう。手動ですので、自由度が高くさまざまなケースに対応することが可能になります。

東和精機の手動歪取機は試作品の作成や限定品の作成でも活躍してくれそうです。

東和精機のアップグレードサービス

全自動歪取機の製造販売で良く知られている安城市にある東和精機では、自社製品のアップグレードサービスも行なっています。

東和精機のアップグレードサービスはどんなサービスなのか覗いてみることにしましょう。

◆アップグレードとは

まずは、東和精機が行なっている自社製品のアップグレードサービスについて見てみる前に、機械のアップグレードとはどういうことなのか確認しておきましょう。

機械の使用自体には何の問題はなくても、技術の進歩によって最新の技術とかけ離れてしまうことがあります。

そのために効率がダウンしてしまったり、期待している結果を出せなくなってしまったり、他の機能と互換性がなくなってしまったりすることはあるものです。

アップグレードは、現在使っている機械の機能をアップしてより高い機能を使用することが出来るようにすることになります。

◆アップグレードすることのメリット

東和精機は、自社製品のアップグレードサービスを行なっていますがどうしてでしょうか?アップグレードすることのメリットについて考えてみることにしましょう。

機能を旧タイプから新しいタイプにアップグレードすることで考えられるメリットとして次のようなメリットをあげることが出来るでしょう。

●安全基準をクリア

安全性の基準については常に見直しが行なわれていますので、旧タイプのものでは現在の基準にマッチしないこともあります。グレードをアップすることで、安全性の基準を満たすことが可能になるでしょう。

●環境基準を満たす

また、新しい技術の開発によって環境に関する規格も厳しいものになって来ています。例えば、旧タイプのものでは消費電力が高いなど環境面での基準を満たすことが出来なくても、アップグレードすることでこうした基準を満たせるようになるでしょう。

●新技術との互換性

アップグレードすることで新しい技術との互換性をはかれるようになります。

●備品や部品の調達がスムーズ

故障したり、備品が必要になったりしたときに、旧タイプのものにマッチした部品や備品を入手することが困難になることもあるでしょう。

けれども、アップグレードすることで備品や部品を簡単に手に入れることが出来るようになるでしょう。

◆まとめ

アップグレードについて見て来ましたが、アップグレードするメリットについてチェックしてみると東和精機で自社製品のアップグレードサービスを行なっている理由がよくお分かり頂けるのではないかと思います。

東和精機では自社製品をより長く使ってもらえるようにOSのアップグレードも行なっているそうです。東和精機の機械は、一度アップグレードすれば、その後数十年間機械を使うことが出来るそうですので、依頼してみても良さそうです。

東和精機のアップグレードサービスの内容

安城市にある東和精機では、工業機械の製造販売だけでなく、自社製品のアップグレードサービスも行なっています。

東和精機ではアップグレードサービスとして具体的にどのようなことを行なっているのか実績をチェックしてみましょう。

◆アップグレードサービス対象製品

まずは、東和精機が行なっているアップグレードサービスの対象製品について見てみましょう。

自社で製造販売した全ての製品を対象としているようです。

長く使ってきたことによって、テーブル面に傷がついてしまって精度が落ちてしまったり、不具合が発生してしまったりしている場合、アップグレードだけでなくオーバーホールも行なっているようです。

現在では、機械の操作やコントロールはPCを使って行なうことがごく当たり前のことになって来ました。そのため、OSのヴァージョンが古くなってしまうと、さまざまなサービスを受けることが出来なくなってしまいます。

こうなってしまうとPCにトラブルが発生した場合、何のサポートも受けることが出来なくなってしまう可能性もあるでしょう。

◆アップグレードサービスのサービス内容

機械も古くなって来たのでそろそろアップグレードを東和精機に依頼しようかと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アップグレードサービスを依頼する前にどんなサービスを受けることが出来るのか確認することが出来れば安心して依頼することが出来そうですので、実際に東和精機ではどのようなサービスが行なわれたのか確認しておきましょう。

実績として以下のような内容が東和精機のHPで紹介されています。

●高速油圧プレス

高速油圧プレスのアップグレードサービスおよびオーバーホールとして以下のような対応が行なわれているそうです。

運動用シール材の交換、テーブル表面の再研磨、油圧バルブのOリング交換・消耗部品交換、機械内部の掃除、再塗装、ポンプ等の交換が行なわれています。

●全自動歪取機

全自動歪取機においては、機械の要とも言えるコンピュータシステムの交換、電力性配信の交換、サーボシステム交換などアップグレードサービスにフォーカスした対応が行なわれているようです。

●トランスファーモールドプレス

トランスファーモールドプレスでは、運動用シール材の交換、移動枠・上部枠の再研磨、油圧システムを調整するバルブ部分のオーバーホール、タンクのクリーニング、熱交換器クリーニング、再塗装など、経年劣化に伴う対応がメインのようです。

◆まとめ

東和精機で行なっている自社製品のグレードアップサービスについて見て来ましたが、オーバーホールなども一緒に行なうことで、自社製品をより長く使ってもらうためのサービスが実施されているようです。

東和精機の取扱製品~専用機~

工作機械の製造販売を行なっている安城市にある東和精機では、お客様のニーズに合わせた専用機の設計販売も行なっています。

東和精機で設計販売を行なっている専用機について見てみましょう。

◆専用機と汎用機

東和精機で設計販売を行なっている専用機について見てみる前に、専用機と汎用機の違いや特徴等について確認しておきましょう。

●汎用機

汎用機と言うのは、一般的な意味で使う「汎用」と意味が異なるそうです。一般的な意味での汎用は、さまざまな用途に使うことが出来るタイプのものを言います。

例えば普段使っているPCやタブレットなどはメールを読んだり書いたり、電子書籍を読んだり、SNSを行なったりとさまざまな用途に使うことが出来ますので「汎用」になります。これに対して電子書籍を読むことしか出来ないものは「専用」になります。

機械の場合はその機械の標準的(基本的)な操作を行なう機械が汎用機になります。

●専用機

標準的な操作を行なう機械だけでは作ることが難しく、特殊な加工などを行なう必要があるケースもあります。

特殊な加工などを行なうために設計・製作された機械が専用機になります。

◆専用機のメリットと注意点

専用機と汎用機の違いについてお分かり頂けたのではないかと思いますので、東和精機で設計・製作を行なっている専用機にはどのようなメリットや注意点があるか見てみましょう。

専用機のメリットとしては、汎用機では対応することが難しいものでも、特殊な加工などを行なう機能を搭載することで、より精度の高いものの生産を効率良く行なうことが可能になる点をあげることが出来るでしょう。

東和精機ではお客様の仕様をベースにして設計・製作されますので、専用機のみの組み合わせや、専用機と汎用機の組み合わせなどによって、より効果的な生産方法についても検討することが出来るでしょう。

また、東和精機では組立専用機を数多く用意しているそうですので、より効果的な提案・設計・製作を行なうことが可能だそうです。

専用機を導入する際の注意点としては、ある特定の生産を効率良く行なうことを目的として設計・製作されていますので、その目的を外れたことに使用することは難しいですし、モデルチェンジも簡単に行なえないこともあるようです。

◆まとめ

東和精機で設計・製作を行なっている専用機の特徴や専用機のメリットと注意点について見て来ました。

特殊加工製品の効率的な生産性を目指す場合には、汎用機では十分な対応が難しいケースが多いため専用機を導入するメリットは大きいと言えるでしょう。